| main |
2017.09.17 Sun

映画 GIMME DANGER ギミー・デンジャー

ギミーデンジャー
ギミー・デンジャー

ジム・ジャームッシュ監督によるドキュメンタリー映画。
「パターソン」は、静かだったので、こちらに音楽の要素を
注いだのでしょう。というか、音楽そのもの。

イギーポップについて、映画で見たことはあるけれど
音楽に関しては噂だけ(色んな人に影響を与えたとか
パンクの走りだとか)しか聞いていなかった。

観て、ビックリ
まあ、すごい
ロック魂

イギーポップ、70歳。
再結成しても勢いが衰えるどころが
今が最高な状態だと言い切って
ステージ上でピョンピョン跳ねている。
誰にも真似できないことをやり続ける
ことに意義があるってことかな。
真似してはいけませんね。
危険すぎます(^^;;

ロック小僧は必見!
続きを読む
Category: 映画・テレビ Comments (0)
2017.09.14 Thu

映画 PATERSON

パターソン

ジム・ジャームッシュ監督新作品が、立て続けに上映されています。
まずは、PATERSON パターソン(英語だとパタソーって聞こえる)。
ギリギリに行ったらお客さんが多くて、補助席でした。

日常の中に、輝いているものを見つけて、大切にする…
そんな温かい眼差しがいいなぁ。
一見地味で単調なのだけど、余韻が残ります。

ブルドッグのマーヴィンがナイス!

マーヴィン


永瀬正敏演じる日本人が、英語圏の人にどう見えるのかな?
ちょっとヘンテコだけど、熱い想いを持っている男性役。

出てくる詩を、英語と日本語の意味と照らし合わせて
鑑賞できたら、また違うでしょうね。

次は、ギミー・デンジャーを観たい!
イギーポップ、あまり聴いたことないけど
逆に楽しみです。
来月はクストリッツァの新作も見逃せない!
続きを読む
Category: 映画・テレビ Comments (0)
2017.08.30 Wed

ボブという名の猫

ボブという名の猫

ボブ

何となく観たら、すごくいい映画でした。
実話を元に作られた映画で、新聞か何かで見たような…
くらいの予備知識。

家なし、家族なし、金なし…薬に頼ってボロボロ。
ドン底状態から更生するために、新生活が始まり
そこに迷い猫登場。不思議な出会い。
順風満帆ではないけれど、
捨てたもんじゃない人の心のあたたかさに救われます。
アコースティックな唄が、シーン毎にグッと響いて、涙。
色んな要素が混ざった、いい映画です。
シネコンでも上映すればいいのに〜

主人公のジェームスさん本人も、猫のボブも映画に登場します。
飛行機でプロモーション来日もしていたそうです。
まだまだ、物語が続いていると思うと、ますます嬉しいです。
続きを読む
Category: 映画・テレビ Comments (0)
2016.07.10 Sun

映画「うつくしいひと」

福岡アジア映画祭にてチャリティー上映された、
「うつくしいひと」を観ました。
昨年10月に熊本で撮影され、
監督もキャストもオール熊本出身
という、熊本愛がギュー詰めの映画です。
時を超えたラブストーリーがベースの
笑いあり涙あり、約40分の短編。
あ、江津湖!orange!熊本城、通潤橋、
菊池渓谷、阿蘇‥‥ほとんど全部知ってる。
見慣れた日常風景、街並み、自然
途中から涙が止まりませんでした。
美しいままの熊本を
よく映画に残してくれた!と感謝です。

監督:行定 勲
出演:橋本愛、姜尚中、高良健吾、くまモン(?!)他

続きを読む
Category: 映画・テレビ Comments (0)
2016.05.02 Mon

熊本の映画館

知る人ぞ知る、サンロード新市街の映画館

Denkikanも再開予定だそうです\(^o^)/

★営業再開予定★
5月7日(土)〜 <2階劇場のみ>
続きを読む
Category: 映画・テレビ Comments (0)
2016.04.28 Thu

映画「スポットライト・世紀のスクープ」


一日中、雨模様。
久しぶりに、映画館で映画鑑賞。

ボストン地元紙の記者たちの、実話に基づいたストーリー。
神父による児童虐待というありえない事件を、
掘り下げればどんどん酷い事実が現れてくる。
地元愛、神聖なる教会、信仰心をあやつり、隠蔽。

映画としての娯楽性など皆無。
しかも「胸くそ悪い」テーマで、だんだん気持ち悪くなってくる。
臭いものに蓋をして、隠蔽するのは、
何処の国でもありえることなんだ…。

存在が大きすぎて、誰も戦おうとしなかった相手に、
立ち向かう記者たちが格好いい。

見つけたネタをすぐにネットに垂れ流すのではなく、
その後に起こりうることを想定し、時間をかけて記事を作る。

誰のために
何のために
マスメディアがあるのか

今、真剣に向き合うべき内容かもしれない。

続きを読む
Category: 映画・テレビ Comments (0)
2016.02.20 Sat

映画「パディントン」


雨降りの午後、映画パディントンを見ました。
児童書で有名な「くまのパディントン」が、
現代版にアレンジされていましたが、親子で楽しめる内容。
ファッションやインテリア(赤が印象的)
、何処にでも現れる謎のラテンな楽団など
気になる要素も色々。

そして、イギリスも雨が多いのですね…
雨の日にピッタリでした。

続きを読む
Category: 映画・テレビ Comments (0)