| main |
2017.11.17 Fri

ルドルフ2世・驚異の世界展

模型

cg

ちょっと前になりますが、福岡マラソンの応援ついでに
博物館で開催中の「驚異の世界展」を観ました。
なんと嬉しいゼッケン割😆
アルチンボルドの本物が観れる!ワクワク♪
500年以上前の精密な銅版画、油絵
大きいの、小さいの
不思議で独創的なモチーフもあり
すごく見ごたえがありました。
立体模型のコーナーや
実際に自分の似顔絵を、アルチンボルド風に作ってくれる
コーナーもありました。楽しい!

神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展
https://rudolfukuoka.com/
2017年11月3日(金・祝) 〜 12月24日(日)
休館日 毎週月曜日
会場 福岡市博物館
〒814ー0001 福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL 092-845-5011 / FAX 092-845-5019


マラソン

マラソンお疲れ様でした!
そらまめ君、昨年に引き続きファンラン完走しました☆
続きを読む
Category: 演劇・アート Comments (0)
2017.10.28 Sat

ペンギン フェス



moblog_68a2e4d8.jpg

冷泉荘にて「ペンギンフェス」明日まで開催中!
色々な手作りペンギングッズ、可愛かったです。
アデリーペンギンの消しゴムはんこと、
ブローチ買いました。

http://penguinfes.com/
続きを読む
Category: 演劇・アート Comments (0)
2017.08.15 Tue

星野道夫の旅(久留米市美術館)

熊本から福岡へ帰る途中、久留米市美術館で開催中の
没後20年 特別展 星野道夫の旅 観てきました。
熊本からも福岡からも、ちょっと遠いのですが、
庭園に囲まれ広々とした環境です。

星野道夫展2

星野さんの写真、言葉、時間が経っても沢山のメッセージが伝わって来ます。
観ていると何かの足音が聞こえてくるようです。
今、この時間にも、このダイナミックな景色があり、世界があるんだ…と思うと
不思議でたまらなくなります。

星野道夫展1

シシュマレフ村の村長さんに宛てた手紙と、お返事の実物や
ポジフィルム、素晴らしかったです!
デジカメ世代の人に、ポジフィルムの意味、わかるかな?
一瞬を捉えたもので、合成とか加工とかしてないのです。
フイルム1本36枚、無駄撮り出来ません。
それで、この完璧度…凄い!

弁当

新幹線の中で食べたお弁当。
火の国小町、温かいおこわが美味しかった。

続きを読む
Category: 演劇・アート Comments (0)
2017.02.07 Tue

美術館・ギャラリー巡り

福岡県立美術館~三菱地所アルティアム~福岡市博物館、をはしごしました。

「写真家 片山攝三 肖像写真の軌跡」福岡県立美術館4階。3月20日まで。




福岡、大名の写真館を営みながら、文豪、美術家などの肖像を撮っていた写真家の展示。
あの写真館に、そのような方がおられたとは…と初めて知りました。
坂本繁二郎、志賀直哉、串田孫一…
本気で向き合わないと、負けてしまう相手ばかりです。
撮影にどれだけ力を注いだのか、はかり知れません。
デジカメの手軽さで忘れてしまったものが、凝縮されている気がしました。



「鹿児島睦の図案展」
三菱地所アルティアム(天神イムズ8階)3月12日まで。

sara

器、布もの、紙もの、図案デザインを製作する過程もわかり面白いです。

cloth
可愛くて今風。
写真撮影OKなので、凝る人は撮影にハマるかも。


「フィンランド・デザイン展」福岡市博物館
3月20日まで。




人気の北欧デザイン家具(椅子)、雑貨(ガラス・陶器)、印刷物(ポスター・書籍)、テキスタイルなど。
規則性、揃えた時の統一感などを見ると、几帳面だな…と思う。
でも発想はユニーク。
自然からのインスピレーションが感じられます。

Azarashi

続きを読む
Category: 演劇・アート Comments (0)
2016.11.22 Tue

織とモンドリアン

インド映画「PK」を観るまでの空き時間に、
福岡県立美術館で開催中の「コレクション展Ⅱ」を観ました。
初めて知る地元の作家、
山喜多二郎太(西洋画)と高木秋子(織物)の特集。

西洋画家が描く、水墨画。
デザイン的で、平面なのに、奥行きと動きがあって面白い。

高木秋子さんも、画家を目指していたが、織物に移行。
沖縄の綿織物で、全ては縦と横の組み合わせ。
高木さんはある時、モンドリアンの絵と、
織物の世界の共通点に気づく。
縦と横で構成される抽象画…織物も究極の抽象画だ!と。



そう考えると、織物をじっと観ていたくなりました。
なるほど~!
モンドリアン!

展示数少な目で、照明も暗くて見にくいですが、
実物に出会うといつも驚きがあります。
1月29日まで。



須崎公園で見かけた巣箱。



ウワサの水上公園も行ってみました。
細くてとんがった不思議な建物。
屋上は船の甲板みたい。
タイタニックコーナーもあるけど、
スリル満点でちょっと怖いかも。
続きを読む
Category: 演劇・アート Comments (0)
2016.11.03 Thu

鳥獣戯画みたよ!




文化の日です。
文化的に、鳥獣戯画を観に行こう!ということで、
朝5時半起床。
自宅を7時出発。
大宰府の九州国立博物館へ向かいました。

参道にて、大宰府きっぷについていた「梅ヶ枝餅引換券」を使い、
いつもは行列のかさのやの梅ヶ枝餅をget。
美味しい焼きたてを頬張りながら博物館へ。
さすが祝日。
なななんと、9時に到着しても70分待ち。

気長に気長に待ちました。
それでも見る価値あり。
有名な「甲」は平安時代、作者不明とのこと。
こんなにユーモア溢れる絵を、どんな人が描いていたんでしょう…。
(展示品写真は九州国立博物館に提供して頂きました)

鳥獣戯画3


鳥獣戯画4

また、明恵上人のことも初めて知り、子どもたちも興味津々。
"legend of Myoe"の冊子を、待ち時間に読めて良かったです。

鳥獣戯画1
繊細な仏像にウットリ。
京都、行きたいな〜。

鳥獣戯画2
このわんこ
木目もいい具合で
見れば見るほどすばらしい。
尻尾もカワイイ💓

帰りがけには120分待ち!
早起きして、良かった~。




参道の「白梅」で、お茶漬けランチを食べてゆったり。

文化的に満喫した休日でした。




梅ヶ枝餅は朝食べたので、お土産は「うそ餅」。
柚子の香りの一口サイズの餅で、あったかーいお茶にピッタリ。
小さな小さなカワイイ「うそ鳥」が中に入っています。
ウソって鳥、ホントにいるの?
うそ〜?ほんと〜?
…と変な会話で盛り上がります。

九州国立博物館
特別展『京都 高山寺と明恵上人 - 特別公開 鳥獣戯画』
平成28年10月4日(火)〜11月20日(日)

http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s45.html
続きを読む
Category: 演劇・アート Comments (0)
2016.05.30 Mon

日本画教室展







日本画教室の作品展、開催中です。
上川端の冷泉荘と、赤坂の山本文房堂ギャラリーの2会場で
行われています。
アクセサリーなどの小物、桐箱、掛け軸、色紙など
作風もモチーフも様々です。

続きを読む
Category: 演劇・アート Comments (0)