1件ずつ表示 
2011.12.11 Sun

はじめての博多座☆歌舞伎


子ども劇場の例会で、今回は何と「本物の歌舞伎」を
「博多座」で観ることができました。

「かぶきって、な~ん?」
の子どもよりも、親の方がウキウキ(滅多に無いことだし)
楽しみにしていたかも。

前進座による、親と子のための創作歌舞伎公演
「紙飾不思議仕掛(かみかざりはてなのからくり)」。

前半は解りやすく、楽しい演技と解説。
後半は上記の演目。

色々な仕掛け、動き、効果音、個性的なファッション。
言葉は少々難しいけど、場面展開などは、
子どもたちも面白がっていました。

最後に役者さん達から、観客に手ぬぐい撒きのプレゼント。
幸運にもひとつゲット!
一生の記念になりそうです。

続きを読む
Category: 演劇・アート Comments (0)

この記事へのコメント:

この記事へコメントする: